History

osamu
znug_ouroboros_d08
znug_ouroboros_d17
znug_ouroboros_d13
znug_ouroboros_d04
[000245]
IMG_3572
IMG_3595

1965

末広ホンダ販売として起業

1984

有限会社オートスタッフ末広として法人化

オーダーメイドバイク製作開始
カスタマイズも合法であるべき…という理念のもとに、重要であればボルト一本変更するのでも改造申請する時代で、常に保安基準、技術基準適合 強度検討行っていました
その地道な取り組みがこの後のあらゆる車両製作に大きく影響している

1992

カスタムバイク輸出
TZR250フレームにRZV500エンジン搭載スペシャル車両をオーストラリアへ輸出

1993

自社製作重要保安部品で構造変更申請による認可取得

1995

社製オートバイフレームを製作し、初の認可取得に成功
自動車製造メーカーでないものが、車両を新規に製作し認定をとる場合「組立車」という型式になる

1999

RZV500Rエンジン搭載のコンプリート車両「TZR500V4」を製作発売
オーストラリア版を販売

中村正樹代表就任

2000

フラットトラッカー専門ブランド「GLUGLU」シリーズ発売

250cc,400cc,600cc,850ccを同時リリース、850は組立車として認可取得

2000

NS400Rエンジンを搭載したコンプリートモデル「NC431V」を発売

2005

オリジナルサイドカー「エマージ」発売

操縦、制動、懸架装置付き一体型サイドカーフレームを開発及び認可取得及(実用新案取得済)

2009

リバーストライク「ウロボロス」開発及び販売開始
操縦、制動、懸架装置付き一体型リバーストライクフレームを開発し、ツナグデザイン代表根津氏
のデザインによるウロボロスを協同開発し、認可取得に成功(実用新案取得済)

2012

電動オートバイ「zecOO(是空)」開発
ツナグデザインプロデュースによる電動オートバイを開発